TOP

CATEGORY

住宅購入

建築中・建築前(未完成物件)の新築一戸建て建売住宅を購入するメリット・デメリット‼︎

2021.03.14

「建築中の新築一戸建て、購入できるの?」
「購入の場合メリット・デメリットは?」

このような疑問をお持ちではないでしょうか?

建築中の物件を購入することは、もちろん可能なのですが、どちらもメリット・デメリットありますので、解説していきます‼︎

建築中の物件は、建築段階でも状況が変わってきますので、そのあたりも踏まえて検討してみてはいかがでしょうか。

建築中の物件は購入できるか


建築中であっても、建築前であっても建築確認取得済みの物件に関しては、売買契約をし購入することが可能です。

この建築確認ですが、取得していない物件に関しては、そもそも広告をすることができませんので、ポータルサイトなどでみつけた物件に関しては原則どの物件も購入できると思って頂いて大丈夫です。(一部予告広告など例外もございます。)

たまに、建築確認取得前でも「これから計画がありますよ」、といったようにご紹介を受けることがあるかもしれません。

稀なケースではありますが、その場合建築確認を取得してから契約が可能になります。

建築中の物件を購入するメリット

では、建築中・建築前の物件を購入するメリットはどのようなことがあるのでしょうか。

  • 設備などのカラーセレクトが可能
  • 多棟現場の場合、好きな区画を選べる
  • 建築中はまだライバルが少ない
  • 入居までに時間がある
  • 建築段階ごとに建築状況を確認できる

など、割とメリットが多いので、ひとつづつ説明していきます。

設備などのカラーセレクトが可能

 建築状況にもよりますが、上棟(「棟上げ」や「建前」ともいいますが)する前の基礎ぐらいまでの段階だと、設備や外壁のカラーセレクトが行うことができる場合があります。

新築建売住宅でも、このように少し建築に参加できることもありますので、住宅購入の楽しみがひとつ増えるのはとてもうれしいですね‼︎

■主にカラーセレクトができるもの

  • 外壁(サイディング)
  • キッチン
  • ユニットバス(アクセントや浴槽など)
  • 建具
  • 玄関タイル

などです。

数種類からお好みに合わせて、カラーセレクトをすることができます。もちろん、セレクトするのが苦手という方もいらっしゃいますので、当初計画のままでも、もちろん大丈夫です‼︎

メーカーさんによっては、決まったパターンでしか選べない建築会社さんもありますので、もし、未完成でご検討される際は、事前に聞いておくと良いかと思います。

また、悩んでいる間もどんどん建築は進んでいきますので、「先週までに契約しておけば選べたけど、今は選べなくなっちゃった。」、といったことも起きる可能性があります。

カラーセレクトをしたい場合は早めの決断が必要です。

多棟現場の場合、好きな区画を選べる


多棟現場の場合は、日あたりや間取り、周辺の環境、物件価格などを吟味して選ぶことができますので、あなたにとって一番良い区画を選択することができます。

また、角地など人気の区画は早く売れる傾向にありますので、区画にこだわりがある場合は早めに決断した方が良さそうです。

建築中はまだライバルが少ない

新築一戸建て・建売分譲住宅の場合は、基本的に完成した物件を見て購入する方の方が多いので、建築中は、まだライバルが少ない時期といえます。

とはいっても、1棟現場などの棟数が少ない場合ですと、建築中でも完売になるケースが多棟現場(3棟以上など)よりも多いですし、完成した瞬間に完売してしまうケースもあります。

「内覧に行こうと思ったら、売れてしまっていた…。」なんてことは大いにあります。

1棟現場で、立地や土地面積、間取りなどで納得できる物件であれば、早めに購入した方が良いと言えるでしょう。

入居までに時間がある

完成物件とは違い、契約からご入居までにたっぷり時間がありますので、住宅ローンや、火災保険、追加オプションなど、決めていかなければならないことに時間をかけれます。

しっかり吟味することで、選択を間違えるリスクが少なく、納得のいく商品を選ぶことができます。

建築段階ごとに建築状況を確認できる

建築中の場合は、建築工程を確認することができるのも一つの楽しみです。

完成してからでは見えない、木材や金物、断熱材など実際に見ることができますので安心です。

また、現場で作業している職人さんも、お施主さまが決まっている物件であれば、より丁寧な作業をしてくれているような気がしますし、どんな方が造っているのかが目に見えますので、安心につながるかと思います。

建築中の物件を購入するデメリット

では反対にデメリットはどんなものがあるでしょうか

  • 多棟現場の場合、ほかの区画が値下がりする場合がある
  • 完成のイメージがしにくい

これらが最大のデメリットといって良いかもしれません。

ほか区画が値下がりする可能性

1棟しかない現場の場合はあまり関係がないのですが、多棟現場の場合は日当たりが悪く人気がない区画や、一番価格が高い区画などの販売が長期になる可能性があります。

電卓で計算

建築中に購入していて、他の棟が一定期間、売れ残ってしまった場合、価格が下がることがありますので損した気分になるかもしれませんが、一番良い区画を購入できていますし、建売住宅の場合、そもそも相場より価格が安いため、決して「損」はしていませんのでご安心ください‼︎

完成のイメージがしにくい

建築中の場合、建物の図面だけでは完成したイメージが湧かないと思います。また、外構の仕上げなどもイメージが湧きづらいかと思います。

建築図面を確認

この場合、検討している物件の近隣に実際に完成している物件があるときは、事前に完成物件(モデルハウス)を内覧することをオススメします。もちろん全く同じ間取りであるとは限りませんが、設備や仕様は同じものを使っていますので、完成イメージの参考には十分なります。

未完成物件の購入まとめ

価格以外は意外とメリットの方が大きいのではないでしょうか。

もちろん、多棟現場などで「価格が下がるギリギリまで待ってみる」、といった選択肢もありますが、もしもすぐに完売してしまった場合は、それまでにかけた時間や手間、これから同じような物件が見つかるまでの家賃の支払いなど、無駄が生じてしまうこともあります。

1棟現場など少ない現場で、良いと思える物件があったら逆にチャンスかもしれません‼︎

ぜひ参考にしてみてください。

CATEGORY 住宅購入 2021.03.14

おすすめ物件

Recommend 物件を探す TOPへ

電話でお問い合わせ

086-245-5515

9:00〜18:00/水曜日・夏季休暇・年末年始

新着・更新情報をメールでお届け!

メルマガ登録