TOP

CATEGORY

お金・ローン

岡山エリアで全期間固定金利なら「百十四銀行」さんの住宅ローンがオススメです!

2021.03.24

こんにちは。

どんぶらこ@エスケイ住宅販売の白川です。

オススメの住宅ローンを教えてください!

お任せください!

日頃よりオススメの住宅ローンを聞かれることが多く、「金利タイプ」や「団体信用生命保険」など、ご家族の考え方や価値観によってオススメの住宅ローンが変わりますので、一言に「コレっ!」というのは正直難しいです。

なのですが、「全期間固定金利」で選ぶなら、百十四銀行さんの住宅ローンがとてもオススメできますので、今回はそんな「百十四銀行」さんの全期間固定金利型住宅ローンをご紹介してみたいと思います!

↓動画で見る

全期間固定金利型の金利と諸費用など

金利

まずは金利から!

百十四銀行さんの全期間固定金利型の適用金利(2021年3月15日〜2021年4月14日)※適用金利は、お借入れ日が基準となっていますので、住宅ローンの実行日が適用期間の場合になります。(金利は毎月見直し)

給与振込あり 給与振込なし
全期間固定金利型 適用金利 0.83%〜1.03%(※分割保証料込) 1.03%〜1.23%(※分割保証料込)

上記の適用期間に住宅ローンの借入れをすると、上記表の金利が返済が終わるまで変わらず適用となります。

注意点としては、給与振り込みができない場合は若干の金利アップがありますので、他の全期間固定金利型の住宅ローン商品と総返済額をシミュレーションして比べてみましょう!

保証会社によって金利が変わります

百十四銀行さんの場合、住宅ローンの保証会社が「百十四総合保証」さんと「全国保証」さんの2社あります。全国保証さんの場合、保証料が一括払いタイプしか適用ができませんので、その場合は金利が「0.83%(給与振込あり)」となります。百十四総合保証さんで保証を受ける場合は、「1.03%(給与振込あり)」となります。

要するに、保証料が「一括払い」になるか金利上乗せ「分割払い」になるかの違いが生じますが、一般的には金利上乗せ分割払い「1.03%(給与振込あり)」で考えて問題なさそうです。

全期間固定金利型の適用条件

フラット35と比べても、低金利水準で非常にお得な全期間固定金利型の住宅ローンですが、金利適用にはいくつか条件があります。

  • 114スマート通帳のご利用
  • 114SalutCaのご入会(クレジットカード)

お借入れするのに2つだけ条件がありますが、一般的な住宅ローンでも要求される条件になっておりますので、特に差し支えないかと思います。

融資手数料が必要です

住宅ローンを利用する際の銀行費用として、以下の費用が発生します。

  • 事務手数料:55,000円(税込)
  • 融資手数料:ご融資金額×2.2%(税込)

フラット35などの商品と同じように、パーセンテージで手数料がかかります。

百十四銀行 住宅ローンのメリット

ガン保障の付帯が可能です。

百十四銀行さんの住宅ローンの特徴に「ガン保障(+0.1%金利上乗せ)」が適用できます。一般的に「3大疾病」などの保障の中に「ガン保障」が付帯するのですが、ガンだけをピックアップして付帯できる団体信用生命保険は少数ですので、使い勝手が良いのではないかと考えております。

くわしくは、団体信用生命保険│百十四銀行こちらをご参照ください。

コンサルティングプラザがあり土日でも手続き可能

百十四銀行さんは、「岡山」と「倉敷」に住宅ローンのコンサルティングプラザがございます。

土曜日・日曜日も営業していますので、「住宅ローン本申込み」や、「金銭消費貸借契約」などのお手続きなどを休日を利用して行うことができます。(水曜日定休)

相談が幅広くしやすい

百十四銀行さんの住宅ローンは、幅広い審査基準で相談がしやすいという特徴があります。

たとえばご実家の状況など、ご家族に関するいわゆる「属性」によって審査に大きくプラスになることもありますし、マイカーローンなどで返済比率でマイナス評価になりそうな場合、マイカーローンの借換えによって返済比率を下げるなどの相談やご提案をいただけることがございます。

日々の営業活動を通しての私の「体感」ではありますが、いつも親身に相談に乗っていただき、他行でお取組が難しかったお客様も、百十四銀行さんで、お借入れできたケースが多数あります^^

百十四銀行 住宅ローンのデメリット

支店が少ない

岡山が地元の地方銀行さんみたいに、たくさんの支店はございません。

給与振込みが可能な方は全く問題ないのですが、そうでない場合は、入出金の際にコンビニATMを利用すると、手数料が発生してしまいます。(※以前は住宅ローンご利用の方は無料でしたが、現在有料です。)

お近くに支店がない場合は、少々不便かも。

事務手数料&融資手数料&保証料がかかる

諸費用だけを見ると、結構な費用になります。

ですが、しっかりとシミュレーションをしてみると、金利自体が変動金利と変わらないほど低金利ですので、しっかりとお得な住宅ローン商品になっています。「安心を買う」、もしくは「保険を買う」と割切るのが「全期間固定金利」です。心配な場合は、しっかりと他商品と比較検討しましょう!!

百十四銀行全期間固定金利型住宅ローンまとめ

「金利が上がりそう…」、もしくは「金利が上がるのはイヤ!」という方に「全期間固定金利型」は、ぴったりの住宅ローン商品です。

長期金利が少し上がった…

という話題もあった2021年3月ですが、とは言えまだまだ低金利です。過去を振り返っても、全期間固定金利型が1%を下回っている金利というのは、ごく最近のことです。

全期間固定金利を選択するなら、今のうちかもしれません。

「変動金利派」のわたしですが、この商品を知った時には少々嫉妬してしまいました。そのくらい良い商品ですので、住宅購入の際には、ぜひご検討ください^^

くわしくは、住宅ローン金利一覧│百十四銀行こちらをご参照ください。

↓全期間固定金利の比較シミュレーションをしてみましたので、ご興味がある方はYouTubeも覗いてやってくださいっ!

CATEGORY お金・ローン 2021.03.24

おすすめ物件

Recommend 物件を探す TOPへ

電話でお問い合わせ

086-245-5515

9:00〜18:00/水曜日・夏季休暇・年末年始

新着・更新情報をメールでお届け!

メルマガ登録